スワップ金利で儲ける

最近流行りのあのニュース

最近流行っている、あんな情報、こんな情報をご紹介!お得情報も!?
 

カテゴリー:みんなの家庭の医学

2013年11月12日

11月12日「みんなの家庭の医学」逆流性食道炎の原因は便秘!?


11月12日に放送された
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」
逆流性食道炎についての紹介がありました。

逆流性食道炎は消化器官で増えている
病気の第1位です。

逆流性食道炎は
筧利夫が出演しているCMでも
注目を集めており、
一般に広く認知されているのではないでしょうか?

テレビでもたびたび取り上げられているので
それだけ急増しているということですよね。。。(+_+)

胃酸が逆流するというのが逆流性食道炎です。

激しい胸やけ等の症状がある場合は特に注意が必要ですね。

番組でやっていたケースでは
逆流性食道炎が重症化して
「消化器官に油を注がれるような痛み」
と表現していました。


きょえーって感じですよね(T_T)

逆流性食道炎の主な原因は
加齢によるものとされています。

しかし、
最近の逆流性食道炎の
原因のおよそ半分が
便秘によるものだと分かってきました。

便秘によって腸がふくれ
胃が圧迫され胃酸が逆流してしまうということです。

便秘が原因で
逆流性食道炎になる人が多くなっているということは
便秘になっている人が増えてきているということでもありますね。

便秘は特に女性の方が多いですよね。
3日〜1週間、
中には1ヶ月もお通じがこない、
なんて人もいるから驚きです。。。

便秘のほかにも
逆流性食道炎を呼び起こす
生活習慣があるため注意が必要になります。

【逆流性食道炎を呼び起こす生活習慣】
・食べてすぐ横になる
・食べ過ぎ

ちなみに寝る場合、左側を下にすると
逆流しにくいです^^


近年、非常に増えている逆流性食道炎、
注意が必要ですね!!!


スポンサードリンク
posted by あきら at 20:12 | Comment(0) | みんなの家庭の医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

7月30日「みんなの家庭の医学」痩せるホルモン⇒さば水煮缶



7月30日に放送された「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」

この日の放送は
痩せるホルモンについて

最近、痩せるホルモンというのが発見されました。
その名はGLP-1

このGLP-1が大量に分泌されることにより
痩せる身体になります。


GLP-1は身体の小腸を刺激することに
よって多く分泌されます。

痩せるホルモン(GLP-1)を出しやすい栄養素は2つあります。

一つは
食物繊維

1日に必要な食物繊維の量は18gとされています。

しかし現代の日本人の平均摂取量は13g

約5gも食物繊維が足りていないということになります。

食物繊維が多い食品はアボカドです。
アボカドには8gも食物繊維が含まれています。
しかしアボカドはカロリーも高いので気を付けてください。

ぜひ食物繊維を多くとるようにしましょう。


そしてもう一つは
さば水煮缶(青魚)です。

青魚にはEPA・DHAというのが含まれています。

魚に含まれているEPAが小腸を刺激し
GLP-1を多く分泌させてくれるのです。

イクラ・マグロ・イワシにもEPA、DHAは
多く含まれていますが、
さばがその中でも特に多く含まれており
さば缶は加工品なので
調理にも便利です。


さば缶を大量に食べている
山形県の村山市では
50%を超えれば
良いとされるEPA-1が

中村さんは65%

佐藤さんは132%

原田さんは475%

岩瀬さんは505%

分泌されていました。

みなさんとてもスリムな体型でした。

明日からきっとさば缶が大量に売れるでしょうねww
あなたもぜひ試してみてください スポンサードリンク
posted by あきら at 21:09 | Comment(0) | みんなの家庭の医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

7月23日「みんなの家庭の医学」世代別の病気ランキング、アルツハイマー急増!



7月23日に放送された
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」
高齢者世代、熟年世代、中年世代の
世代別の病気ランキングが紹介されました。

ここ数年で急増している病の世代別ランキングです。


【高齢者世代(65歳以上)】
第10位
慢性腎不全

第9位
前立腺がん

第8位
糖尿病

第7位
睡眠障害

第6位
裂肛、痔ろう

第5位
下肢静脈瘤

第4位
アトピー性皮膚炎

第3位
シェーグレン症候群

第2位
急逝すい炎

第1位
アルツハイマー病

アルツハイマーの増加率は13.7倍になっています。

アルツハイマーが急上昇している原因は
全世代で増加中の糖尿病が密接に関係しているようです。

糖尿病は血糖値が異常に高くなってしまう病
主な原因は肥満です。

糖尿病になるとアルツハイマーのリスクを1.9倍高めてしまいます。

アルツハイマーと糖尿病の両方を予防する方法が番組内で紹介されました。


【アルツハイマーと糖尿病の両方を予防する方法】
・1日合計50分ウォーキング
・地中海料理

地中海料理とは
・魚介類
・オリーブオイル
・ワイン
・緑黄色野菜

を多く含む料理のことです。




【熟年世代(50〜64歳)】

第10位
咽頭がん

第9位
裂肛、痔ろう

第8位
関節症

第7位
糖尿病

第6位
気分障害

第5位
すい臓がん

第4位
睡眠障害

第3位
前立腺がん

第2位
アルツハイマー病

第1位
アトピー性皮膚炎




【中年世代(40代)】
第5位
心不全

第4位
気分障害

第3位
睡眠障害

第2位
アトピー性皮膚炎

第1位
裂肛、痔ろう


気になるのが5位の
心不全

以前はもっと高齢の方が発症していましたが、
最近はもっと下の40代の世代に多くみられるようになってきました。

その理由は睡眠時無呼吸症候群の急増とされています。

睡眠時無呼吸症候群になると心不全のリスクが3倍に跳ね上がってしまいます。



心不全を早期発見する方法が番組で紹介されました。

まず、
心不全の症状の一つにむくみがあります。

むくみ方をチェックすることで心不全かどうかを判断することができます。


【むくみで心不全チェック方法】
足のすねをだし骨の上を親指で5秒間押し続け、
その後、むくんでなかなか元に戻らない人は心不全の危険性があります。

むくんでいてなかなか元に戻らない場合は
病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク
posted by あきら at 20:51 | Comment(0) | みんなの家庭の医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。